翻訳の仕事ゆえの大変さ

自分で考えて本や文章を書く場合は、資料さえ揃えば書き出すことができます。
しかし、翻訳の作業の場合、自分の考えではなく、原作者の考えを伝えなくてはいけません。
最初の方で、大要をつかみます。
本の内容から、改まった言葉遣いにするか、くだけた言い方にするかを判断します。
そうこうしながら翻訳が進んでいくわけですが、途中で困ったことが起きます。
どう読み直しても、辞書を調べても、意味がわからないのです。
単語かもしれませんし、文章の意図かもしれません。
この登場人物は、どんなニュアンス、気持ちでその一言を発したのか。
訳すときに、そのデリケートな部分まで伝わるように言葉を選ばなければ。
そこが翻訳の大変なところですが、そんな時は、原作者に直接聞くのがいいそうです。

便利屋 開業

沖縄 カヤック

イベント 会社

海外 イベント 会社